ロゼッタストーンなら海外赴任しても安心?

現在、転職市場において脚光を浴びているのが、外国人転職希望者です。
実は、ここ近年経済活動のグローバル化に伴い、海外への工場移転や現地法人設立、そして海外駐在員や他言語で仕事が出来る人を採用する傾向が強まっています。
かつて、近年売り手市場と言われてきた新卒・転職希望者ですが、ここ2~3年だけ見ると外国人の方が売り手市場になりつつあります。
英語圏を中心とした欧米諸国スタッフの採用は堅調ですが、ここ最近は、経済新興国である中国、シンガポール、インドなどの外国人が採用される傾向にあります。
と考えがちになりますが、国内需要を中心に展開している企業を狙うことで、外国人転職希望者と採用がバッティングすることはかなり小さくなります。
英語や外国人が苦手という方は、そうした企業を探してみるのも成功するポイントです。